街金

無理して街金じゃなくても大丈夫!ネットがあれば好きな業者を使える

身近な借り入れ先は危険?

両親が他界してしまい、実家を引き継ぐ事で住む場所は困りませんが、居なくなってから両親の偉大さというのを痛感してしまいます。一人で住むには一戸建ては広すぎて、その上税金などの維持費もあって、ただ家賃を払わずに済むと喜べるはずもありません。

それに一緒に住む人や面倒を見てくれる人が居ないというのは、日常生活ですら面倒になってきます。独り身だとお金がかからないから…と思うかもしれませんが、むしろ家計管理も一人で全部やるとなると、見落としがあったりついつい無駄遣いしてしまったり、大変なことのほうが多かったですね。

そしてその無駄遣いがたたってお金を別途調達しなくてはならなくなり、借り入れを利用しなくてはならなくなりました。最初は街金と呼ばれる比較的近隣に存在していた金融業者を頼ろうとしましたが、話を聞くとほとんどが闇金と呼ばれる危ない存在でした。

おかげでちょっと連絡しただけでもワケの分からないいちゃもんを付けられてしまい、お金を借りる事が今更ながらに怖くなって来ました。でもお金は借りなくてはならないし、さらに近くには借り入れを受け付けているまともな業者の店舗が存在していない…自分の置かれた状況の深刻さが身に沁みました。

インターネットからの利用なら離れていても安心

そんな私が目を付けたのが、インターネットから融資の申し込みが出来る金融業者です。銀行でも消費者金融でも今は多くがネット経由の申し込みが可能で、中にはネット専業銀行なども存在しているくらい、金融業界のインターネットへの進出は進んでいました。

インターネットからの申し込みは、どんな場所に営業所があったとしても申し込みは自由に行えます。審査に通過すればカードは郵送してくれるし、多くの借り入れ先がコンビニのATMと提携しているので、そこから借りれるならさすがに借りるまでに困る事は少ないです。

さらにインターネットから口座を指定して振り込んでもらう事も可能で、融資の選択肢がグッと増えます。インターネットがあれば借り入れ先の選択、そしてカードローンを作った後の利便性にまで影響するので、インターネット環境がある人はそこら辺の連携も見てみるとよさそうです。

インターネットから申し込んだ私ですが、今ではきちんと手元にカードもありますし、実際に使う場合でも不自由した事はありません。ネットがある今、地元の聞いたこともない、怪しい業者に頼る必要は無いのです。

闇金の取り立てに困ったらすぐに弁護士に助けを求めよう

ヤミ金に手を出してしまうというのはその人の不注意によるところが大きいです。090金融や明らかに怪しい人であるのに、お金が不足しているからということで借入をしてしまうのは、その人の責任でしょう。他にも街金を利用するなどの方法はあったにもかかわらず、ヤミ金を使ってしまうのですから。とはいえ一度使ってしまったらもう色々な嫌がらせや取り立てなど、あらゆる手段を使ってコンタクトをしてくるものです。

そんなヤミ金の取り立ては電話やメール、もしくは郵便などで行われます。場合によっては嫌がらせを受けることもあるのですけれども、会社にまでやってくる人もいます。会社に怪文書を流したり、告発分のようなものを流してくる業者もいるくらいです。闇金は街金と違って法律を守る必要がありませんから、なんでもしてくるのです。それこそ殺されるかと思うくらいに脅しをかけてくるようなところもあるので、使うべきではないのです。

とは言え使ってしまったというのであれば、まずは弁護士に相談するのが一番です。弁護士は法律のプロであり、こういった闇金の取り立てなどに関する相談についても親身に乗っているところが多いのです。そして闇金の取り立てなどをやめてほしい、嫌がらせを止めて欲しいとお願いすると、かなり高確率でその嫌がらせなどが止まることになります。もちろん弁護士の腕にもよりますけれども、ほとんどの場合嫌がらせや違法な取り立てというのはなくなります。これは法律違反であることを通知し、裁判も辞さないということを伝えてくれているからなのです。

ただ弁護士に依頼するのもただではありません。地獄の沙汰も金次第とは言いますが、こういう時にでも現金というのは必要になってくるので、サラ金や街金にお金を借りようとするときでも、必ず最後のお金というのを少しだけは持っておいたほうがいいでしょう。そのお金のお陰で、弁護士にいらすることが出来て状況が変わって助かるということがありますから。お金が勿体ないと思うよりもまずは嫌がらせや違法な取り立てを止める必要があるので弁護士にすぐに相談するのが正解だと思います。

資金繰りが悪化した場合、手形を担保に街金から借りることも可能

資金繰りの悪化によって手形を割り引くという方法を使う人は多いですけれども、その割引の時に使えるのは何も銀行だけではありません。基本的には銀行で手形割引をしてもらってお金に変えることができるので、そのお金を利用して支払いなどに充てることになります。しかし手形を銀行に持って行っても相手にしてもらえない時というのがあります。それが手形を発行している銀行があまり信用がない場合です。例えば不渡りを出したことがあるとか、業績が非常に悪化しているとか、現金不足になりそうだという時には手形を銀行は買い取ってくれないのです。そうなるとその手形を他の所で買い取ってもらって現金化しないといけないのですが、そこで街金が登場するのです。街金の中には手形を持っているとお金を借りられる場合があるのです。

一つが街金で手形を買い取ってもらうことです。もちろん銀行が嫌がる手形ですから、買取金額というのは非常に低く設定されることが考えられます。この辺りは独自の計算方法を街金業者がそれぞれ持っているので、高い所に売りに行くという方法もあります。もうひとつの方法が手形を担保にして借入をするということです。手形を担保にすることで、お金を借り入れできるという商品を作っている街金もあります。事業者用ローンなどを扱っている街金で見かけるものなので、これもひとつの方法です。

ただ、手形については発行した企業はこういった街金に利用されることをあまり好みません。それだけ街金でしか取り扱ってもらえない手形を発行している企業だ、というように考えられてしまうからです。信用を一番に考えている企業ほど、街金に流れてしまうことを嫌います。ですから手形を使って現金化できるといっても、その手形を使ってしまったらその企業との関係悪化は避けられないと思ったほうがいいでしょう。銀行ならまだ大丈夫だとは思いますが。事前に一報を入れるという方法もあるでしょうから、なるべく良好な関係を保つために努力をした方がいいと思います。

関東で長く貸金業に登録しているアサックスの珍しい審査とは

もうすでに数十年間も貸金業を営んでいるという街金が幾つか存在します。関東の方にも数件あるのですけれども、基本的に街金というのはここまで長くやっている業者の方が少ないのです。どこかで行政指導を受けたら名前を変えて他でやる、これを繰り返しているのが多くの街金だとされています。逆にここまで長くやっているというのはすごく信用が置ける街金だといえるのではないでしょうか。

その一つの街金というのがアサックスです。もう関東の金融業界では有名で数十年間の営業をしてきている業者です。それだけ慎重に影響を行なってきたということなんですけれども、アサックスの面白いところはその審査にあるでしょう。アサックスの審査というのは街金の中では珍しく、即日融資ではないのです。たいていの街金というのは即日お金を貸してくれるところが多いですし、それが強みでもあるのです。しかしアサックスの場合は3日が最短であるとホームページでも言うくらい、審査に時間がかかるのです。街金ではかなり変わっているといえるでしょう。

どうしてこのようなことをしているのか、それは不動産融資の問題も大きいのではないかと思います。不動産融資の場合はその不動産を担保にしてお金を貸すわけですが、不動産の審査というのが時間がかかります。どういう抵当が入っているのか、他に手はついていないのか?土地の価格はいくら位なのかを調べないと話になりません。その時間として3日くらいはかかるということなのでしょう。それがフリーローンでも事業者用ローンでも行われているわけです。それだけ慎重になっているとも言えますが、逆に慎重に審査をしてくれることで多くの人が安心して使える材料にもなっているということを考えれば、アサックスの変わっている審査というのはひとつの強みになっているのではないかとも言えます。

アサックスのように長年貸金業としてやっていくためにはこのくらいの審査の厳しさというのが必要なのかもしれません。街金もピンキリではありますが、そのピンキリの中でもアサックスは長年の実績がある信用ができる街金である、といえるかもしれません。

まずはサラ金を利用せざるを得なかった自己反省が重要だ

サラ金クレジット、クレサラなんて言う名前で呼ばれたりする街金ですけれども、この街金を利用してクレジットやサラ金が多くのしかかってきて、身動きが取れなくなってしまうことを多重債務問題と言います。そして多重債務に陥った人たちを多重債務者というのですが、この多重債務者になってしまうと非常に返済が苦しくなって、ちょっとやそっとでは返済できないようになります。普通に借入れをしていたら起こることはないのですが、何も考えずに無計画に借入れを街金などから繰り返していると、多重債務者になってしまうのです。

さて実際に多重債務になってしまった場合、サラ金の返済などを解決してくれるのが自治体や行政書士、もしくは弁護士だったりします。法律などに詳しい弁護士や行政書士によって借金を整理して、返済できるレベルまで落とすことができるのですが、確かにこれも重要なことではあります。もう一度ちゃんとした生活をするためにも、支払えない多重債務から支払えるレベルまで落とす必要はあるわけですから。

しかしもっと重要なことはそのサラ金や街金を借りてしまうような無計画さや、その時の収入の少なさなどを改善するべきでしょう。そういったことが改善できないのであれば、また多重債務になってしまう可能性もあります。つまり根本的な解決になっていないのです。法律を駆使して色々と債務整理をしてくれる弁護士や自治体というのはありがたい存在ですが、それに甘えてしまってはまた同じ事に繰り返しになります。

ですからサラ金や街金で多重債務になってしまった人たちがもう一度やり直すために必要なことは彼らの生活態度を見直すことなのです。簡単に誰かを頼ってお金を借りたらなんとかなるという考え方や、お金を稼ぐために働くことを拒否するような考え方を直す必用があるのです。この考え方や生活態度を見直すことによって、大きく今後の人生も変わることになるでしょう。サラ金や街金との関わり方も変わってくると思います。まずは多重債務になってしまった場合、自己反省をすることが重要なのではないでしょうか。

街金で借りたお金を踏み倒した場合どのような罪になるのか

利用者のレベルが低い街金というのは貸出の時に非常に気を使っています。例えば少額融資しかしないようにしているところがありますが、それは信用がないからです。返済されるかどうか、踏み倒しがあるんじゃないかと疑っているので少額融資なのです。他にも審査の時に非常に高圧的な態度をとるような業者もありますが、これも相手が返済できるかどうかを見極めていたりします。増額申請が通らないというのも、貸出先の相手の信用を疑っている場合が多いでしょう。

実際にネット上には匿名ではありますが街金の借入れを踏み倒したという人たちが数多くいます。これははっきりと言いますがれっきとした犯罪です。化したお金を返さない、意図して返さないというのは詐欺に当たる可能性が高いです。当然返済のためのお金を用意できなかったなどで返済が送れるなどがあると思いますが、そういう場合は詐欺には当たらないです。しかしこうやって踏み倒しを当たり前のようにやって、それをネットに載せているというのは明らかに意図してやっていると見られてもおかしくありません。

当然街金側もそういったことに対する対応をしています。もちろん少額であればそこまでのダメージがないので、最初は少額でという貸出をしているでしょう。それがもし大きなお金であるとしたら、色々な手段を持ってして返済を迫るでしょう。例えば裁判所にお願いして給料や資産を差し押さえにやってくるかもしれません。強制力を持っている差し押さえであればクルマや家電製品、もしくは給料やボーナスまでも持っていかれることになります。また、普通の街金ならいいですが、実はヤミ金だったという時には怖い人達を使ってでも取り返そうとするところもあるかもしれません。返済しないというのはそれだけのデメリットが大きいものなのです。

ですから踏み倒しなんて街金であろうがどういった借金であろうがやるものではありません。そのようなことをしてしまうからこそ、街金でしかお金を借りられない信用しか無いということも考えられます。まずは自分の生活態度や考え方などから変えていく必要があるでしょう。

銀行系キャッシングになり審査がきつくなったニコニコクレジット

キャッシングを独自でしていた街金はどんどん減っていって最近では街金の数も少なくなり、貸金業者自体が減少の一途をたどっています。そんな原因の一つでもあるのが貸金業者の吸収合併です。一般的な企業と同じように吸収合併されて一つの会社になっていくということが、街金の中でもよくありました。今テレビCMなどを頻繁に行なっている銀行系カードローンなどはまさにそうで、元々は街金だったところを次々に吸収して、大きくなっているところが多いのです。

その一つがニコニコクレジットです。ニコニコクレジットは元々独立していた街金業者だったんですけれども、今ではなくなってしまいました。完全になくなったというわけではなく、今は銀行系カードローンとして引き継がれているのです。つまり銀行系のカードローンに吸収合併されてしまったというわけです。こういったニコニコクレジットのような状況になっている街金業者は以外に多いのです。

ちなみに現在のニコニコクレジットの過払い金請求先などについても、その大きくなった合併先が担当をしているようです。色々な街金がたくさん吸収合併されていますから、貸金業者として大きく放っています。しかし過払い金請求なども結構大きな額になっていそうなので、大変そうだなというイメージです。とはいえ、銀行系なのでお金はほぼ無尽蔵に使えるのでしょう。倒産するという話を聞くことはありません。

そのかわりニコニコクレジットもこのような銀行系カードローンになってしまったこともあって、気軽に借入れをしたりすることができなくなってしまいました。独立した街金であれば借入の時の審査も軽くて済んだり、借入額の増額も簡単だったりするのですけれども、ニコニコクレジットは現在銀行系カードローンの一部になっているのです。そうなると銀行系なので非常に審査も厳しくなりましたし、今までのような気軽な利用というのはできなくなっています。もちろん金利が安くなったりするといういい面もあるにはありますが。

吸収合併して残るというのはいいことなのか悪いことなのか、非常に判断が難しいところです。

闇金と一般的な街金や消費者金融との違いとは?

最近は呼び方もたくさん出てきて、しかもいろいろな形態の借入れができるものが多くなってきたので、ややこしくなってきています。例えばカードローンというのが一番今は言われているのかもしれませんが、その次がキャッシングでしょうか。そして消費者金融という呼ばれ方もしていますし、ネットローンというのもあります。また、フリーローンという呼ばれ方もあれば、サラ金や街金といった呼ばれ方をすることもありますから、ややこしくて仕方ありません。

さてそんなたくさんの呼び方がある貸金業なんですけれども、それとはちょっと違うのが闇金でしょう。闇金の場合は明確に違いがあるのですが、街金や消費者金融のイメージが良くない人にとっては全てが闇金と同じに見える人もいるようです。なので、街金や消費者金融と闇金はどういうところに違いがあるのかを説明してみたいと思います。

まず一つが法律を守っているかどうかです。これは闇金と街金の違いの中では大きいと思います。街金のほとんどが貸金業法に抵触しないようにちゃんと法律を守っていますが、闇金の場合は末端もトップも法律というものを無視しています。借りたら返す、貸したら取り立てるというシンプルな考え方のもとに動いているので、法律を守らないこともしばしばあります。これが最も街金と闇金の大きな違いといえるでしょう。

もう一つの違いが金主の話です。貸金業をするためにはお金を貸す必要があって、そのためのお金を用意しないといけないわけですけれども、そのお金を用意するためにどこからお金を調達しているか、これも大きな闇金と街金の違いといえると思います。闇金の場合は銀行や信用金庫から借りるようなことはせずに、裏社会からお金を出してもらってそのお金を使って貸金業をしている事が多いのです。金主についてははっきりと借りる側からは見えるわけではないのですが、いろいろな情報がインターネットで調べてみると流れていますから、それを参考にするといいでしょう。

この二つが大きく闇金を構成しているといえる要素です。これらが入っていればどのようなカードローンやキャッシング、消費者金融であっても、やはり闇金と呼ばれるのです。

エイワはブラックでも借りられる街金として有名だ

消費者金融やカードローンがあるにもかかわらず、あえて街金を使っている人たちの特徴にはいくつかありますが、ひとつの特徴として「ブラックリストに載っている」というのがあります。ブラックリストに乗ってしまうと消費者金融などからの借入れはかなり難しくなりますし、まず銀行系カードローンなどからの借入れは出来ないでしょう。だからといって借入れをしないといけない時というのはあるわけで、それなら借入れを何処かでしようと思ったら街金という判断が出てくるわけです。街金の中にはあえてこういったブラックになった人たちを狙って貸金をしている人達もいるくらいなのです。

昔から横浜のあたりで営業をしている古くからある貸金業者のエイワはその一つでしょう。ブラックでも借入ができるエイワは一部の人達にとっては非常に有名な業者です。エイワはあえてそういう返済が難しいであろう人たちにもお金を貸しているのですけれども、そのやり方というのはなかなか今時にしては変わっていて、対面審査が必ず行われるというのです。昔は対面審査必須のところも多かったですが、電話やインターネットが出てきてからは審査なしのところも多くなりました。しかしエイワは街金でも古くなった対面審査をしているのです。それだけ対面で会うと返済して貰える確率も高くなるということなのでしょう。

また対面審査以外にも小口での貸出だけをしているというのも、エイワの特徴といえるでしょう。街金の中には事業者ローンなどで1億円近いお金を貸しているところもありますけれども、そういったことはエイワはしていません。10万円未満の小口融資をすることで、一回あたりの返済額を少なくして返済しやすくしていると言えます。このようにエイワは昔から今まで長く貸金業者を営んでいるだけあって、ブラックな人たちにも信頼されている街金になっているのです。もちろん、ちゃんと返済しないとダメだということを怒られたりすることもあるようですし、ふざけた態度で借りに行くことは出来ないでしょう。ちゃんと礼儀正しく接することが重要です。

関西一円で事業者向けキャッシングをしているミタカの評判

関西には色々な街金業者が存在します。大阪のミナミと呼ばれるところは一時期は街金の街として栄えたくらいの地域です。今はすでに若者の繁華街になっていますが、歴史的には非常に長く街金が栄えていました。そのおかげで今でも関西にはたくさんの街金業者が存在しています。もちろんヤミ金も中には混ざっているので関西を中心としたドラマというのは、少しブラックな臭がするものが多いのかもしれません。さてそんな関西地域には長年ミタカという商工ローンが頑張っています。かなり有名な商工ローンであり街金なのですが、評判をみてみるとなかなかいいものがあります。逆に全くダメと書いているような評判もあるので、半々といったところでしょうか。

たいていの商工ローンや街金ではこういう評判が半々になるところが多いので、当然といえば当然かもしれません。この街金のミタカの特徴といえば商工ローンなのですがつなぎ融資のためのローンをしてくれます。しかも少額であれば担保も必要がないときもあるようです。ただ、やはり他の銀行のローンや街金のローンと同じよに、契約するときには連帯保証をしなければなりませんので事業が失敗したら自分の人生も自己破産するしか無い、といったところでしょうか。良い評判を書いている人はこのミタカのつなぎ融資でうまく行った人が多く、悪い評判を書いている人は返済などがきつくなるほど事業を失敗した人といえるでしょう。

ミタカでは色々な方法で現金を手に入れるための商品というのを用意してくれています。例えば手形を割引してもらって現金に変える方法や売掛金を割引してもらって現金に変える方法です。決済時期の違いによっては少し損をしたとしても手数料を支払ったとしても、現金が必要な時がありますから、ミタカのこのような商品というのは中小零細企業にとっては非常にありがたいのではないでしょうか。

商工ローンは借入れの額も大きいし、事業の成功・失敗に大きく結びついているものです。ですから慎重に借入れはした方がいいでしょう。ただ、フリーローンなどもあるミタカですから、計画的に借りるのであれば心配しすぎる必要はないかと思います。

給料が比較的いい消費者金融の仕事内容とは?

仕事を探すときに一番気にしたいのはやっぱり給料でしょう。アルバイトでも10円でも時給が高い仕事をしたいと思うものです。結果的に同じような仕事でも会社によっては給料も違うので、いい会社の就職試験を受けて仕事を得たいと思うものです。金融系というのはその中でもかなり給料が良くて安定していると言われていますが、サラ金や消費者金融、街金というのも給料が良い業界の一つです。

しかも街金の仕事はあまり学歴が関係ありませんから、学歴がないといっても就職することは可能です。そんな街金で働くのであればすでに働いている人たちの話を聞いてから就職したり、アルバイトで働いたほうがいいでしょう。インターネットには給料の良い街金で働いていたという人の話が沢山載っていますが、その話の要点をまとめると次のようになります。

まず給料がいいのは間違いありません。他の業種に比べて給料がいいので羽振りも良くなるそうです。また、学歴もあまり関係ないようです。バリバリ働いて結果を残せることが一番重要で、そのためには学歴はむしろ邪魔だったりするということでした。逆にデメリットも書かれていました。それは人間の人生でネガティブな部分をたくさん見ることになることだそうです。お金がないことによって家族が壊れて行ったり、返済ができないからと自己破産する人を見たり、友人と街金のお金を借りたことが原因で疎遠になったりするような人がいるそうです。そういったネガティブな部分を見ないといけないし、仕事として淡々とこなしていくことも重要なので、街金の給料は高いのではないかとも言われています。

結局人間というのはお金の魅力に負けてしまうことが多く、それが原因で人生をダメにしてしまうことも多いということです。それを間近で見ないといけないサラ金や街金という職業につくには給料はたしかにたくさんもらえるけれども、覚悟はあるのか?ということを書いている人が多いです。若い人や仕事をするまでというのはそういった想像力が働きにくいかもしれませんが、先人たちのアドバイスはちゃんと聞いておいたほうが無難でしょう。